学名:Boswellia carterii
抽出部位:樹脂
抽出方法:水蒸気蒸留法

ノート:ベースノート
原産地:ソマリア
主な成分:αピネン、パラシメン など
適応:心身疲労、うつ、神経性喘息 など

 

 

樹脂から採れる重厚な香り。


古代エジプトでは、神に捧げるための神聖な香りとして用いられました。
呼吸を深くしエネルギーを回復させます。

 

 

英名「Frankincense(フランキンセンス)」の「frank-」は中世ラテン語で「良質の」を意味する「francus」、「-incense」は古典ラテン語で「薫香」を意味する「incensum」を語源であるといわれています。

 

紀元前から、宗教儀式の中で神々へ捧げられ、また瞑想を助けるものとして祭壇の薫香に使用されていました。

 

旧約聖書には、シバの女王がソロモン王に、黄金・宝石・白檀・乳香などを送ったという逸話が記され、新約聖書には、イエス・キリスト誕生のとき、東方の三賢人が黄金・乳香・没薬を捧げたという逸話が記されていることでも有名です。

フランキンセンス(​2.5ml)

¥1,720価格